パールクチュールは、効果なし

パールクチュールは、効果なし

誰でも購入前にはやっぱりいろいろとインターネットで調べてみますよね。

誰だってせっかくお金を出して買うのに、失敗なんてしたくありません。

ただ、そうやって調べていると「パールクチュール 効果なし」というような、心配になってしまうキーワードが検索候補に表示される事がよくあります。

でも、表示されて気になったキーワードをひとつひとつ検索してサイトを見ていくのって、結構大変なんですよね。

そこで、みなさんに代わり私が「みんなが気になって検索しているキーワード」をいろいろ調べてまとめてみました。調べるのが面倒だと思っていた方や、調べたいけどそんな時間はないという忙しい方もぜひ参考にしてみて下さいね。

 

パールクチュールは、白くならない

パールクチュールをインターネットで調べていた時に意外と多く検索されていたのが、この「白くならない」「効果なし」というキーワードです。

そう言われると、心配になりつい覗いてしまいませんか?

私も気になっていろいろ見ちゃいました。

その結果、「…というのはウソ」と続いていたり、「差し歯や入れ歯は白くならない。」など、本来の効果を否定する内容の記事ではないものばかりだったんです。安心はしたものの、ほんと紛らわしいですよね。

 

ただもし、本当に効果を実感出来ていない人がいるのであれば、その方は少し食生活から見直された方が良いかも知れません。コーヒーや赤ワイン、チョコレートだけでなく、タバコやあらゆる色の付いた食べ物や飲み物は着色汚れの原因です。

いつもコーヒーのところを紅茶や緑茶に変えて飲んだところでステインが付かない訳ではありませんし、醤油やソースなどの調味料でさえ着色汚れの原因となります。

効果を実感出来ていないという事は、なにか効果を上回るような着色汚れを日常的に摂取しているのかもしれません。

無意識に何か色の濃い食べ物や飲み物をいつも摂取してしまっていないかを、一度確認してみた方が良いかも知れませんね。結局のところ、汚れを落とすのも大事だけど、まずは汚れがつかないように見直してみましょうということですね。

 

パールクチュールのホワイトニング効果とステイン除去

やはりみんな気になるのは本当にホワイトニング効果があるのか、なぜステインが除去されて白くなるのか、ですよね。こちらも調べてみました。

 

パールクチュールには、世界初の成分「コーラルアパタイト」という強力な歯の味方が含まれています。このコーラルアパタイトは、沖縄県産の天然サンゴの化石から造られたもので、色素や細菌、臭いまでもを吸着してくれる効果があるのです。

 

つまり、このコーラルアパタイトの力が、タバコのヤニやコーヒーなどの着色汚れを吸着して取り除いてくれるので、パールクチュールにはホワイトニング効果があるというわけですね。

もちろんそれだけではありません。

 

通常の歯みがきでは落ちにくい汚れを浮かび上がらせてくれる「スイカズラエキス」や、色素沈着物を溶解し色素沈着を防いでくれ、歯を白くする効果まである「ポリエチレングリコール400」、再着色を防いでくれる「ポリリン酸ナトリウム」、歯のエナメル質とステインの間に入り込み歯を傷つけずに汚れを落とす「無水ピロリン酸ナトリウム」などなど、7種類ものホワイトニング成分がしっかり配合されているんです。

なので「医薬部外品」として国からさまざまな効果効能が認められているというわけですね。

 

公式サイトの【パールクチュール】の詳しい情報はこちら

パールクチュールの虫歯予防・口臭予防

パールクチュールは、そもそも歯を磨く為のものですので、通常の歯みがき粉としての機能も、当然気になるところですよね。

もちろん、その点もしっかり考えられています。

もはや虫歯予防といえば外せない存在となった「キシリトール」を始め、抗菌作用があり口臭予防の効果が期待できる「メントール」

歯茎を強くし、クリアな歯をサポートしてくれる「β-グリチルレチン酸」、歯肉炎や歯槽膿漏の予防までできる「イソプロピルメチルフェノール」などの成分が、しっかりとお口の健康をサポートしてくれるのです。

これなら安心して、いつもの歯磨き粉をパールクチュールに変えることができますよね。

公式サイトの【パールクチュール】の詳しい情報はこちら

パールクチュールは、研磨剤不使用

研磨剤が入っているかどうかも気になるポイントですよね。

実は、パールクチュールには市販の歯みがき粉によく入っている研磨剤が全く入っていません。

なので、とっても安心ですね。

 

研磨剤が入っていない理由は、歯の健康を第一に考えてのことです。

研磨剤は歯の表面を削りますので、一時的には歯も白くなるかも知れませんが、歯の表面は削られ傷付いてしまいます。そして、その傷の間に更なる汚れなどが染み付きやすくなってしまうのです。

それをキレイにしようとすると、更に歯を削らなくてはいけないことになってしまいますよね。

そうなるとまさに負のスパイラルです。

ですから、そんな歯の健康の為にも不必要な研磨剤は含まれていないのです。

 

研磨剤で歯の表面ごと汚れを無理やり削り落とすのではなく、着実に安心してコツコツ白い歯を目指す パールクチュール っていいですよね。

 

 

もっとパールクチュールの情報を調べてみる。

パールクチュールの口コミからみた本当の効果とは
タイトルとURLをコピーしました